Udemyコース用
管理改善スキル
診断ツール

弊社の公開Udemyコース用です。
質問に回答することで、
管理改善スキルレベルが診断できます。
めざすキャリアパスに必要な
スキルを習得するための
推奨学習コースを提案します。

  • 本ツールのご利用は、Udemy会員様及びUdemy講座受講希望者様に限ります。Udemy講座受講目的以外の目的でのご利用はできません。
  • 本ツールはご自身のパソコンにダウンロードしてご利用いただきます。
  • 本ツールのご利用には、 Microsoftのサポート対象であるMicrosoft Office Excelが必要です。
  • 本ツールはマクロを含んでいます。ご利用者さまご自身の判断でお願いします。
  • ご利用環境によって、他のアプリなどが干渉してご利用いただけない場合があります。
  • 利用方法は、下記利用手順をご覧ください。

利用手順

  • インターネットからダウンロード等で入手したファイル内にVBA マクロが含まれている場合、Microsoft Officeでは既定でブロックされます。

  • 管理・改善スキル診断ツールはマクロを含んでいますので、ツールを利用するには、以下の方法で、ファイルのVBA マクロのブロックを解除する必要があります。

  • ファイルを右クリックして、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択して、「全般」タブの下部にあるセキュリティで、ブロック解除を「許可する(K)」チェックボックスを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

  • マクロのブロックの解除をせずにファイルを開くと、インターネットからダウンロードしたファイルは、読み取り専用として保護ビューで開かれます。

  • 黄色のメッセージバー:保護ビューの右にある「編集を有効にする(E)」ボタンをクリックして、保護ビューを解除しても、赤色のメッセージバー:セキュリティリスクが表示されるだけです。

  • ツールを利用する場合は、必ず、ファイルのマクロのブロックの解除を行ってください。

  • ダブルクリック等でファイルを開くと、マクロを含むファイルなので、メッセージバーにセキュリティの警告が表示されます。

  • 黄色のメッセージバー:セキュリティの警告の右にある「コンテンツの有効化」ボタンをクリックして、コンテンツを有効にします。

    ※マクロのブロック解除後初めてファイルを開く際などに表示されます。

  • 「管理改善スキル診断ツールの起動」ウィンドウの「パスワードを入力してください」の下のボックスに、LMXと入力して、「登録」ボタンをクリックします。

  • ここで終了する場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。「終了します」とメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

  • 管理・改善スキル診断メニュー画面で、「管理者用」ボタンをクリックして、診断ツールを起動します。

  • ここで使用を終了する場合は、メニュー画面右下の「終了」ボタンをクリックします。「終了します」とメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

  • E-mailのボックスにメールアドレス(会員アカウントなどのメールアドレス)を入力します。

    氏名のボックスに、会員の氏名を入力します。

    ここで入力する情報は、診断レポートに反映されます。

    入力後、「スタート」ボタンをクリックして診断を開始します。

    画面左下の「戻る」ボタンをクリックすると、メニュー画面に戻ります。入力内容は保持されませんのでご注意ください。

  • 設問画面の左上の氏名を確認します。

  • 氏名に誤りがある場合は、「戻る」ボタンをクリックして、診断メニュー画面に戻り、再度メニューの選択から行います。

  • 診断のための設問に回答していきます。

    (1)設問を読み、該当する(自分が一番そう思う)選択肢のラジオボタンをクリックします。

    同様に、(2)以降の設問にも回答します。

    設問は全部で117問あります。すべての設問に回答してください。

    考えすぎず、設問をとばさずに回答することをお勧めします。

    設問をすべて確認するためには、設問画面の右のスクロールバーを使用して設問のスクロールを行います。

    マウスホイールは使用できませんのでご注意ください。

  • すべての設問に回答したら、画面下の「診断結果へ」ボタンをクリックします。

  • 未回答の設問がある場合は、「未回答の設問がXX問あります」とメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックして、未回答の設問について回答します。

  • 未回答の設問番号の表示はありませんので、ご自分で確認しながら回答してください。

  • レポート画面が表示されます。

  • パソコン画面で診断結果を確認することができます。

     

  • レポート画面の左上の「印刷」ボタンをクリックすると、レポートが印刷されます。

  • プリンターに接続している場合は、紙で出力されます。

  • プリンターに接続されていない場合、Microsoft Print to PDF(Windows10以降標準搭載)など仮想プリンターがインストールされていれば、PDFで出力されます。

  • レポート画面の上部左から2つ目の「このシートを保存」ボタンをクリックすると、レポートが別のExcelファイルとして保存されます。
    「このシート別ファイルに保存します」とメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

  • レポート画面の上部右にある「終了(閉じる)」ボタンをクリックして、ツールを終了します。

  • 左上に、実施日、配付先、メールアドレス、氏名が記載されます。

    (1)診断結果では、「経営・戦略」「人材・組織」「業務管理」「業務改善」の4つの領域に分けて管理・改善のスキルが評価されます。

    「経営・戦略」は、以下の3つの観点で評価します。

    ・戦略立案力:環境分析・把握、事業戦略の立案、課題設定ができているか。

    ・戦略展開力:事業戦略を自部門に展開できているか。

    ・戦略実現力:事業戦略を実現する力の程度。

    「人材・組織」は、以下の3つの観点で評価します。

    ・組織統制力:組織を指揮し、管理・運営する力の程度。

    ・組織活用力:組織のメンバーや部下の力を引き出し、活かす力の程度。

    ・組織維持力:組織のメンバーや部下の適切な労務管理ができているか。

    「業務管理」は、以下の4つの観点で評価します。

    ・品質管理力:業務の各段階において品質管理ができているか。

    ・コスト管理力:各コストに対する管理ができているか。

    ・情報管理力:情報の収集・保管・発信が適切にできているか。

    ・指揮力:組織のメンバーを指揮し、指導する力の程度。

    「業務改善」は、以下の3つの観点で評価します。

    ・業務把握力:組織の業務について把握しているか。

    ・業務改善力:QCDの視点で業務改善を行う力の程度。

    ・整理・整頓力:物理的・環境的整理・整頓および仕事の整理ができているか。

    (2) 「経営・戦略」「人材・組織」「業務管理」「業務改善」の4つの領域の各力について、診断結果を記号で表しています。

    評価の高さ ◎>○>△>×

    (3) 「経営・戦略」「人材・組織」「業務管理」「業務改善」の4つの領域の各力について、現状についての診断コメントです。

    (4)レーダーチャートで、「経営・戦略」「人材・組織」「業務管理」「業務改善」の4つの領域の結果を比較できます。

    また、レーダーチャートには、3つのキャリアパス別(「経営幹部」「部門管理者」「専門統括者」)の一般的な傾向が示されていますので、ご自身の結果と比較することができます。

    (5)右半分には、キャリアパス別の推奨コースが記載されます。

    「経営幹部」「部門管理者」「専門統括者」の3つのキャリアパスについて、それぞれをめざす際に、今後受講を推奨するコースが確認できます。

     

  • コースは、Udemyに公開されているコースです。(一部、公開されていないコースがあります。
    ※コース名は、Udemy上表示されている名称と一部異なる場合があります。

     

  • ご自分が希望されるキャリアパスについて参考にしてください。

    なお、管理・改善スキル診断で十分な力があると診断された場合は、推奨コースが記載されないこともあります。