新講座公開
シークレットキャンペーン
第2弾(~4月26日)

仕事の管理改善スキルを学べるudemy
新講座を続々と公開中
弊社とつながりのある皆さまだけに
無料クーポン

各講座先着100名様にプレゼント!

【ものづくり革新・改善シリーズ】
勝ち残るための経営戦略の立案と展開

経営戦略とは、これら要求や変化に対応し、勝つための方法を研究し、計画して、資源を用意することです。
このコースでは、経営戦略の立案から展開のための5ステップに沿って内外環境の分析から基本戦略を明確にし、戦略的ビジネスを展開するための事業戦略、事業戦略を支える機能戦略の立案、そして戦略遂行上の課題を整理するための立案力・計画力を高めるノウハウを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
戦略を確実に展開する方針管理の見える化

方針管理によって、経営目標と戦略の実現向けて、各部門の管理者が適切に取り組んでいるかを管理します。
このコースでは、経営目標・戦略の部門目標へのブレークダウンを行い、目標達成のための管理指標を設定、目標展開と方策展開するためのステップと方針管理を機能させるための実行管理力・運用力を高めるノウハウを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
戦略の実現可能性を高める組織能力向上

会社の大きな目標や戦略を各担当の日々の業務に紐づけて、その実現を社員が一丸となって取り組むための組織と仕組みづくり、能力向上をしなければなりません。
このコースでは、業務目標の職場レベルへのブレークダウン、目標達成のために向上させるべき組織能力を明確する方法、組織を戦力化する体制づくり・仕掛けづくり、組織能力を活かし、結果をつくるためのプロセス管理など組織管理力を高めるノウハウを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
会社の数字を見るための企業会計

会社の中のすべての活動は、お金という単位に置き換えて評価することで、その状態や問題を正確に捉えることができ、適切性を評価することができます。
このコースでは、企業会計の基礎となるお金の基礎について解説し、会計のフレームワークの決算書・原価計算の仕組み、経営改善など企業会計の活用力を高めるノウハウを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
組織を活き活きと戦力化するチームマネジメント

連携し、組織的行動をするためには、チームマネジメント力を持ったリーダーによって目的・目標を共有し、高いモチベーションを維持して、連携できるようにしなければなりません。
このコースでは、高いチームマネジメントを発揮するリーダーとしての姿勢と持つべき力、メンバー一人ひとりの力を引き出すための部下の管理フレームワーク、組織をまとめ上げてリードするための組織の管理フレームワークを管理ノウハウとともに習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
良い組織風土をつくるための管理者の3つの力と部下の戦力化技術

良いチームは、単純に目標達成力が高いチームというより、現状を打破して、新しい価値観や枠組みを創造することに長けています。失敗を糧として結果を生み出す知恵を持った組織です。
このコースでは、良い組織にするための組織風土づくりをリードする管理者に不可欠な「聞く力」、「示す力」、「気づく力」3つ力の発揮するための姿勢と取り組み、そして、様々な個性をもった部下の力を引き出す方法とポイントを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
能力を引き出し活かすコーチングとファシリテーション

管理者は、部下の力を引き出し、育成して個人とチームの力を高めるコーチングスキルとファシリテーションスキルも習得し、組織の力をさらに高めるマネジメント力も必要です。
このコースでは、個人とチームの能力や可能性を最大限に引き出し、行動を促し、結果をつくり出すことを支援するコミュニケーションスキルとしてのコーチングとファシリテーションを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
時間と心のバランスをとる労務管理術

管理者は、部下が健康で、無理なく働けるように労務管理スキルも習得することが求められます。
このコースでは、部下の負荷や働き方を把握し、健康的に働くことができる環境を用意して、問題の兆候があれば適切にフォローするための管理方法とポイントを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
オフィス業務管理者のための指示・指導の仕方と報・連・相のさせ方

部下を大きく成長させ、戦力とするためには、管理者が仕事の指示指導力を高め、適切な報連相させる管理力を身に着ける必要があります。
このコースでは、指示指導力を高め、管理力を身に着けるためのオフィス業務における仕事の教え方、正確な仕事のための指示の仕方、仕事の報・連・相のさせ方のポイントを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
仕事の質とスピードを高める見える化情報管理

必要とする情報を素早く、正確かつ効率的に集めることができれば、仕事力は飛躍的に高まります。
このコースでは、仕事力を高める情報管理に必要な5つの力である、情報を取集する力、情報を集めるネットワークの構築力、集めた情報を扱いやすいように管理する力、変化する情報を最新に更新する力、自ら情報を発信する力を高める方法とノウハウを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
オフィス向け社会人の基本

チーム力が強く求められる会社で働くためには、同じ目的に向かって相互に連携し、仕事をする上での姿勢と守るべき約束があります。
このコースでは、会社で働く社会人として、理解し、身につけるべき姿勢、価値判断基準、組織コミュニケーション、指示の受け方と行動、ビジネスマナー、安全など仕事の基本を習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
会社で働くための仕事の基本

チーム力が強く求められる会社で働くためには、相互に連携して仕事をする上で共有された基準や約束があります。
このコースでは、会社で働く企業人として、理解し、身につけるべき、価値判断基準、組織コミュニケーション、指示の受け方と行動、情報伝達と応対など仕事の基本を習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
管理の基本

組織と部下を管理し、結果を出させる管理職に必要なスキルは、仕事ができるスキルとは異なるものです。
このコースでは、組織と部下を戦力化し、結果を出す管理職としての姿勢と必要なスキルである組織マネジメント、予算と実績管理、予算と実績管理、日常管理、課題解決を管理フレームワークを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
オフィス・サービス向け強い組織にする仕事の標準化

本来の標準化が目指すものは共有です。仕事の標準化で共有するものは、知恵やノウハウであり、それらを手順書やサービス基準、マニュアルを通じて、組織全体に広めることで、業務遂行力の高い組織をつくることができます。
このコースでは、個の力を集め、相乗効果を発揮させるための知恵やノウハウを共有するための標準化の考え方と進め方、ポイントを事例とともに習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
仕事のムダ取り改善

必要な仕事であって顧客に直接価値を提供できていない仕事は、ムダな仕事であり、やめる改善の対象です。速く効率的にやるのではなく、一切やらないという改善です。顧客のムダをなくすことで、仕事は付加価値の高い仕事の割合が高まります。
このコースでは、顧客のムダを対象としたムダ取り改善の考え方と顧客のムダの洗い出しから、やめる改善の方法とノウハウを紹介します。また、仕事のムダを生み出す元凶の1つであるコミュニケーションにムダ取り改善のやり方を習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
めざす姿を実現するための改善活動の進め方

協力して仕事のやり方やツールの改善を行う取り組みを改善活動と言います。協力して、それぞれが役割をもって取り組むためには、同じ改善の枠組みの活動とする必要があります。
このコースでは、職場での改善活動が一体的な取り組みとなるように、職場のめざす姿を明確にし、その実現のために論理的な改善ストーリーに沿って、同じ枠組みと手法を使って、成果を出す組織的改善の進め方とポイントを習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
売れる営業になるための見える化

営業力を高めるためには、個人の知恵を組織で共有する同じ枠組みでの営業活動にする必要があります。
このコースでは、営業を論理的アプローチでの枠組みで行い、個々の知恵を共有し、全体の営業力を高めるための顧客の見える化、商談ストーリーの見える化、訴求点の見せる化と見える化などの枠組みと手法を習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
学習と変動対応で遂行力を高めるプロジェクト管理

プロジェクトを管理するためには、変化や想定外への対応力の高い管理の枠組みと計画、人の能力の見える化と配置、変化に強い仕事の指示と管理ができるようにならなければなりません。
このコースでは、学習と変動対応で遂行力の高いプロジェクト管理を行うためのWBSによるプロジェクト計画、能力の見える化と配置計画、作業の指示管理、進捗管理、変化点管理について習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
会社で働くためのコンプライアンス・リスクリテラシー

プライベートとの境界が曖昧なままの行動は、同僚や取引先に多大な迷惑をかける場合もあります。不用意な発言や行動から、トラブルに巻き込まれたり、セクハラやパワハラの被害者・加害者になってしまったりすることがあります。
このコースでは、企業人としての社会的責任を果たすためのコンプライアンス意識を向上させ、個人情報保護、セクハラ防止、パワハラ防止などに取り組み、ソーシャルメディアリスク・リテラシー、情報セキュリティ・リテラシーを高めるための知識と管理方法を紹介します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
特殊工程の特性と品質管理

品質が不安定になりやすく、破壊検査での確認が中心の特殊工程は、様々な視点からの検査や工程管理が必要となります。特殊工程とされることが多い、熱処理、成形加工、金属接合の品質を管理する者は、それら工法の特性と検査を含めた品質管理の知識が必要です。
このコースでは、製造の品質管理の3つの管理を理解した上で、特殊工程と言われる熱処理、成形加工、金属接合の工法上の特性と工程管理、特別な検査方法と判定の仕方、製造設備管理の基本を習得します。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
チームタスク管理

追加・変化や想定外への対応力が求められるチームは、追加・変更に強いタスクプランニングと平準化手法、想定外に対応できる進捗管理のできるチームタスク管理ができるようになる必要があります。
このコースでは、追加変更と変動対応力の高いタスク管理を行うためのWBSによるタスクプランニング、平準化作業指示管理、完成基準の進捗管理、変化点管理について習得します。