新講座公開
シークレットキャンペーン
第1弾(~4月4日)

仕事の管理改善スキルを学べるudemy
新講座を続々と公開中
弊社とつながりのある皆さまだけに
無料クーポン

各講座先着100名様にプレゼント!

【ものづくり革新・改善シリーズ】
見える化で職場の品質レベルアップ術

仕事のやり方を変えたり、仕組みを使って、手間や時間をかけずに、品質を作りこみ、レベルアップする方法を5つに分けて紹介します。段取りによる品質のつくり込み、作業ミス・エラー防止、製品・サービスの受入品質向上、異常識別力向上、出荷品質向上など職場内の品質のレベルアップを行うノウハウを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
製造現場の見える化

見える化とは、見えないもの、見ていないものを見えるようにして異常を検知し、アクションを開始させるものです。見える化は、アクションが必要なものだけが浮かび上がってくるようにすることで、異常に対して負担なく効果的な処置ができるようにすることです。
このコースでは、製造現場で毎日起きていることを把握し、適切な処置を行う目で見る管理のための見える化について、品質・作業・ライン・設備の切り口で、その進め方とノウハウを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
原価視点での仕事の見える化による利益アップ術

コストを下げるために、原材料や部品の購入価格を下げる、人件費を下げるなど、「下げる」取り組みばかりしていませんか。「下げる」のではなく、「ムダやロスを取り除く」取り組みへと変えましょう。
このコースでは、コストや工数の中に潜むムダやロスをあぶりだし、取り除くための5つの見える化と改善手法を習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
原価意識を高めコスト改善を図る原価管理

お金の流れや量を見ることで、各組織の健康度=生産性を把握することかできます。生産性を高めるためには、お金を上手に使う力を高める=コスト改善が必要です。
このコースでは、組織を動かし、健康度=生産性を見える化し、最適なお金の使い方をするための原価管理の知識とコスト改善手法を習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
製造管理者のための指示・指導の仕方と報・連・相のさせ方

部下を大きく成長させ、戦力とするためには、管理者が仕事の指示指導力を高め、適切な報連相させる管理力を身に着ける必要があります。
このコースでは、指示指導力を高め、管理力を身に着けるための現場業務における仕事の教え方、正確な仕事のための指示の仕方、仕事の報・連・相のさせ方のポイントを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
製造業の社会人の基本

チーム力が強く求められる会社で働くためには、同じ目的に向かって相互に連携し、仕事をする上での姿勢と守るべき約束があります。
このコースでは、会社で働く社会人として、理解し、身につけるべき姿勢、価値判断基準、組織コミュニケーション、指示の受け方と行動、モノの識別・取り扱い、安全など仕事の基本を習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
製造業で働くための仕事の基本

製造業は、組織の各部門や工程が連結し、相互に連動してものづくりを行っていきます。製造会社で働くためには、相互に連携して仕事をする上で共有された基準や約束があります。
このコースでは、会社で働く企業人として、理解し、身につけるべき、価値判断基準、組織コミュニケーション、指示の受け方と行動、モノの識別・取り扱いなど仕事の基本を習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
製造業向け 強い組織にする仕事の標準化

本来の標準化が目指すものは共有です。仕事の標準化で共有するものは、知恵やノウハウであり、それらを検査基準や手順書を通じて、組織全体に広めることで、業務遂行力の高い組織をつくることができます。
このコースでは、個の力を集め、相乗効果を発揮させるための知恵やノウハウを共有するための標準化の考え方と進め方、ポイントを事例とともに習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
Q(品質)C(コスト)D(納期)管理のための改善

品質・コスト・納期は、互いに相反する関係であることも少なくありません。仕事で成果を出すためには、この相反する品質・コスト・納期をうまくバランスさせて高めることが求められます。
このコースでは、相反する品質・コスト・納期をバランスさせて高めるスキルを習得するために、品質・コスト・納期、それぞれの効果的改善手法の使い方と効果を上げるポイントを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
よい仕事環境づくりのための職場の整理・整頓

整理・整頓の対象を作成中、使用中の部品や資料に絞ることで、いつも同じ動作で安定して処理できるようになり、仕事のバラツキもなくなり、品質と効率を高めます。
このコースでは、仕事環境を整え、仕事のバラツキをなくし、品質と効率を高めるための整理・整頓改善の考え方と取り組み方法、効果を上げるポイントを事例とともに習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
現場向けQCDを高める仕事環境づくりのための5S改善

5Sの目指すものは、作業品質や効率を高めることであり、そのためには、生産中、使用中の部品や工具を整理整頓することです。
このコースでは、作業のバラツキをなくし、品質と効率を高めるための5S改善の考え方と取り組み方法、効果を上げるポイントを事例とともに学んでいただきます。また、仕事そのものを対象とした5S改善についても紹介し、より効果の高い5Sを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
オフィス向けQCDを高める仕事環境づくりのための5S改善

作成中、使用中の資料やデータを整理整頓することで、いつも同じ動作で安定して処理できるようにし、業務のバラツキをなくして、品質と効率を高めます。
このコースでは、業務のバラツキをなくし、品質と効率を高めるための5S改善の考え方と取り組み方法、効果を上げるポイントを事例とともに学んでいただけます。また、仕事そのものを対象とした5S改善についても紹介し、より効果の高い5Sを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
改善の基本を身につけるQC手法

不適合などの品質問題が発生した時、その発生原因と次工程への流出原因を究明し、真因に対する改善を行う問題解決ストーリーとQC7道具などのデータ分析ツールを駆使して、不適合の再発防止と未然防止をはかるアプローチが改善の基本となります。
このコースでは、論理的かつ統計的アプローチで改善を行うためのQCストーリーと言われる問題解決のステップと数値データを扱うQC7道具、言語データを扱う新QC7つ道具の改善ツールの使い方とポイントを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
必要なモノを必要な時に手配する購買管理

購買管理は、外部から調達する原材料や部品、加工や処理の外部委託などの品質・コスト・納期を適切に管理することです。品質・コスト・納期は、相反する関係にあり、品質・コスト・納期をバランスよく手配することが購買管理に求められます。
このコースでは、QCDをバランスよく手配し、必要モノを必要な時に必要なだけ調達できるようにするために、必要量のタイムリー発注、戦略的購買先管理、発注価格管理などの方法とポイントを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
実需連動力と異常検知力を高めて生産管理力向上

多品種少量生産では、在庫はあてにならず、今売れているものを売れるスピード応じて生産する実需連動生産をしなければなりません。在庫が使えない中、生産はトラブルなく納期までに作ることが求められ、異常を検知し、未然防止型の生産管理が不可欠です。
このコースでは、多品種少量生産の時代に合った生産管理力へとレベルアップするための、実需連動力と異常検知力を高める方法とポイントを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
トヨタ生産方式ベーシック

トヨタ生産方式は、原価低減を通じて価値創造のリソースを得て利益の創出することを理念とし、JIT:ジャスト・イン・タイムと自働化の二本柱の管理フレームワークがあります。
このコースでは、トヨタ生産方式の理念とジャスト・イン・タイムと自働化という2本柱の理解を深め、流れ化・小ロット&タクト・後工程引取り・自働化の原理原則に基づいた管理モデルついてを習得できます。

【ものづくり革新・改善シリーズ】
ジャスト・イン・タイムで流れをつくる構内物流改善

モノの流れをスムーズにするための構内物流のレベルアップが求められます。モノと情報と人の流れを整えて、同期化させて、滞留のない生産と物流によって、リードタイムを短縮することができます。
このコースでは、生産のリードタイムを短縮する構内物流のレベルアップのためのモノ・人・情報の整流化とフロアーコントロール、ムダな流れをなくす工程設計とムダな動作をなく作業設計の仕方とポイントを習得できます。